menu
  1. 痛風の症状や原因について
閉じる

痛風の症状や原因について

痛風は西洋では古くから伝えられる病気の一つですが日本国内では食生活が欧米化した1960年代頃から増加しているといわれています。
国内の痛風患者は60~70万人ですが予備軍は600~700万人といわれておりひとたび発症すると激痛に襲われる辛い症状がでる疾患です。

人間の体内には尿酸が一定に保たれていますが殆どは血液中に溶け出していき不要なものは排出されていきます。
ストレスやプリン体の過剰摂取等により尿酸が体外に排出されないまま残ってしまう事があります。
体内に残ってしまった尿酸は結晶化し関節等に蓄積され、徐々に蓄積され結晶化された尿酸が急激なストレスや尿酸値の変化により剥がれ落ちる事で激痛に襲われます。
プリン体の多いアルコールの摂取が要因とされることもありますがアルコールは肝臓で尿酸を作るのを促進し結果として尿酸値をあげてしまう手助けをしてしまう為、第一の原因としてあげられることが多くあります。

痛風になる原因はアルコールだけではなく食生活や運動不足、ストレスといった様々な要因が絡み合った場合が多く一概にはいいきれないようです。
プリン体はアルコールだけでなく食品にも多く含まれており白子やレバー、いくら等の魚卵にも多く含まれています。
アルコールだけでなく食事にも気を配ることが痛風にならない予防法です。

痛風は風が吹いても痛い、という由来でつけられた名称ですが多くは足の親指の付け根等の血流があまり活発でなく体温が上がらない所から発症します。
症状は7~10日の間、激痛が続きその後は嘘のように痛みが治まることが多いようです。
突然症状が現れるわけではなく高尿酸血症だといわれる尿酸値7.0ml/dl以上である事が多く健康診断等で指摘されていても多忙であったり様々な理由で放置していることで発症してしまうことも多いようです。
痛風がひとたび発症してしまうと多くの合併症を引き起こす事も多く痛風そのものの痛みだけではすまされない場合もあります。

痛風の一般的な改善方法とは?

痛風を発症してしまうと激痛が伴う事だけではなく放っておくと腎不全や尿路結石等の様々な合併症を引き起こすリスクが高くなります。
痛風の改善方法は体内で尿酸を一定に保ち蓄積させず余分な尿酸を排出させることです。
その為には健康な身体を作る必要があるようです。

食事はプリン体の多いレバーや白子、魚卵やアルコールの種類にも気を配ることが必要でビール等はプリン体が多いけどワインであれば大丈夫、という人もいます。
アルコール全般には尿酸を上げてしまうものも多いので適量を心掛けることが大切です。
痛風を予防するには食生活の改善も必要で痛風を発症してしまう尿酸が結晶する原因として、身体が酸性になってしまっていることが多くあります。
アルコールの他にプリン体を多く含む魚卵や肉を控え、魚や野菜、海藻等を積極的に摂取することが必要です。
野菜や海藻は酸性に片寄ってしまった身体をアルカリの力で中和するので尿酸による結晶ができにくく体外に排出する手助けをしています。

水分を多く摂取することも痛風の改善方法としても有効で、腎臓内に尿酸を留まることを防ぎ尿と共に多くの尿酸を排出することができます。
一日に1.5~2リットルの水分を摂取することがいいとされ、水やお茶等が水分補給に適しています。
水分が多く摂れるからといってアルコールや砂糖入りのコーヒーやジュース等は好ましくないようです。

食生活や水分補給に加えウォーキングやサイクリング等の軽めの有酸素運動も改善方法の一つとされています。
一人でも無理なく続けられることが大切で急激なハードな運動はプリン体を生み出してしまう事があるので逆効果になってしまうこともあります。

関連記事

おすすめ記事

  1. 痛風の症状や原因について

ピックアップ記事

  1. 人間は水分の摂取量が多ければ排尿回数が増えるのが当たり前ですが、それほど水分を摂取していないのにも関…
  2. 就寝したいのに眠れないときの助けとなるのが、メラトニンサプリです。メラトニンは覚醒と睡眠を切り替…
  3. 関節痛は肩やひじ・ひざ、手首や指などの関節に痛みや腫れが生じている状態でひざに発症すると曲げ伸ばしの…
ページ上部へ戻る