menu
  1. 痛風の症状や原因について
閉じる

思ったように眠れない時はメラトニンがおすすめ

就寝したいのに眠れないときの助けとなるのが、メラトニンサプリです。
メラトニンは覚醒と睡眠を切り替える作用があるため、睡眠ホルモンとも呼ばれており、睡眠に多大な影響を及ぼします。
一般的に朝日を浴びてから14~16時間ほどすると体内時計の指令によりメラトニンの分泌が始まり、深部体温を下げ、眠りにも導いてくれます。

このようにメラトニンは、睡眠に大きな役割を持つホルモンです。
メラトニンは、1歳前後から急激に分泌量が上昇しはじめ、10歳前後でピークに達した後、思春期頃から徐々に減り始めます。
また年令を重ねると体内時計の働きが弱くなり、メラトニンの分泌が減少していくので睡眠時間も減っていきます。
睡眠不足になると、活習慣が乱れてしまったり、疲労やイライラ感が蓄積したり、集中力が欠けるだけでなく、生活習慣病などの病気の原因ともなります。

様々な症状の原因となる不眠症を解決するのがメラトニンサプリです。
体内の分泌では補いきれないメラトニンを経口摂取することで、眠りの準備をサポートしてくれます。
これにより質の高い眠りを実現し日頃の疲労も回復できるので、規則正しい生活の基礎となります。

睡眠改善方法は様々ですが、メラトニンは体内で分泌される自然物質であるため、副作用のリスクも少なくなっています。
さらに睡眠の質においてもメラトニンは良い影響を及ぼします。
一般的な睡眠薬や睡眠導入剤、あるいは睡眠サプリでは難しい自然な眠りに誘うため、乱れてしまったレム睡眠とノンレム睡眠のリズムの調整を通じて、スッキリ気分で起床できる質の高い眠りを目指せます。

  • ベッドに入ったのになかなか寝付けない
  • 夜中に目が醒めてしまう
  • 深夜に目が覚めると冴えてしまって眠れない
  • 睡眠時間をとったはずなのに疲労が残っている
  • 起床してもすっきりしない
  • 集中力が低下している
  • 仕事や勉学がはかどらない

上記のような状態の場合はメラトニンサプリメントを摂取して睡眠の改善を目指すのも一つの方法と言えます。

十分な睡眠を取るために大切な要素とは?

メラトニンサプリを飲むことで睡眠をサポートできますが、それだけでは、質の高い眠りを手に入れられるわけではありません。
眠れないという悩みを持つ方の多くが、深部体温や副交感神経の働きに課題があると考えられており、この2つ働きを効果的に機能させなければ、質の高い眠りは実現できません。

十分な睡眠をとるためには、まず副交感神経の働きを高めましょう。
この器官は、緊張したり体を活発化させる自律神経と対の機能であり、リラックスする働きがあります。
現代人はストレスにより、自律神経と副交感神経のバランスが崩れてしまい不眠になることも多くなっています。

副交感神経の働きを高める方法は、体や神経をリラックスさせます。
具体的な方法として、ぬるま湯のお風呂に浸かる、アルコールを摂取すると体が興奮するためお酒を飲まない、ストレス発散のための方法として適度な運動やストレッチなどをして体を動かす、布団に入ったらスマホを見ないなどです。
体をリラックスさせるには、余計な刺激を避け、副交感神経の働きを高める生活習慣が欠かせません。

深部体温の低下も重要な要素です。人は眠る前に手足から熱を放出し深部体温を下げ、脳や体を休ませます。
この働きが不十分であれば、メラトニンサプリを摂取しても効果が半減してしまいます。
睡眠前に効果的深部体温を下げるには、38~40度ほどのぬるま湯で半身浴をしましょう。
体の末梢神経を広げておくことで血行の流れが改善し深部体温を下げやすくしてくれます。
適度な運動により、基礎代謝の働きを高めるのも有効です。また足湯の習慣をつけるというのも効果的です。

メラトニンサプリには、副作用リスクはほとんどありません。
かといってメラトニンサプリを多く飲めば、良い睡眠が得られるわけではありません。
人の体が本来持っている副交感神経の働きを高める習慣を継続し、深部体温を下げられる体質にすることで眠りやすい体質が求められます。
そして、加齢により分泌が減り続けるメラトニンをサプリメントで補い、質の高い眠りをサポートしてくれます。

関連記事

おすすめ記事

  1. 痛風の症状や原因について

ピックアップ記事

  1. 人間は水分の摂取量が多ければ排尿回数が増えるのが当たり前ですが、それほど水分を摂取していないのにも関…
  2. 就寝したいのに眠れないときの助けとなるのが、メラトニンサプリです。メラトニンは覚醒と睡眠を切り替…
  3. 関節痛は肩やひじ・ひざ、手首や指などの関節に痛みや腫れが生じている状態でひざに発症すると曲げ伸ばしの…
ページ上部へ戻る